ご協力ありがとうございました。
みなさまのお気持ち、南阿蘇村に届けてきました。


熊本、大分の地震から、まもなく一年になります。
昨年、ギャラリー モーネンスコンピスで展示をしたのが4月、地震のすぐ後でした。
東北のお手伝いのつもりで作った「DAY」を急きょ、九州に向けてのお手伝いのものとして
展示に合わせて販売することにしました。
わたしは宮崎生まれなので、修学旅行で訪ねた熊本や母親の里である大分の景色がすぐに想像できました。

「DAY」はロウビキして撥水加工をもたせた生地でつくったシンプルなバッグです。
ひとつひとつ「DAY」を描きました。通し番号も。
全部で111枚。1枚1000円で販売させてもらい、半分を熊本に届けたいと、お客様や知人にご協力いただきました。
京都からはじまり、名古屋、石川、岐阜の展示で、またお友達にも声をかけるとまとめて購入して下さり、昨年12月完売しました。

届ける場所は久木野庁舎(南阿蘇村役場)にしました。
1月20日、我が故郷の延岡(宮崎)に帰るのに合わせて向かいました。
無事届けることができ、ほっとしました。
協力して下さった方にどうぞとくまモンのステッカーを預かりました。
(お渡しできてない方いっらっしゃいましたら、お声かけてくださいねー。)

対応して下さった窓口の児玉さん、ほかの皆様、お忙しいところありがとうございました。

その日は風の強い雪まじりのお天気、延岡に移動する午後には雪が積もっていました。
記憶に残る日になりました。

ご報告がおそくなりました。
Img_bf0f95852b18e1fd3be39076c008ee6a
DAY
Img_3b9839fa5a685d01d9a6f5b176ccf16a
Img_9a56c374d8c4b7171c831bd527d1c24b
Img_c599f4d11a080326368d18fe80b55483
久木野庁舎の方々
Img_ca3638c7c11efa6aede5040dff4cf94e
Img_c0514eeef3ecdc3f984248b74fb5393c
BRIDGE
Img_d9d061a7eed5eaa1f8c0e63d5d33d7a6
HARVEST
綿帆布にパラフィン防水加工を施した生地で作っています。
天然繊維の特長を生かした防水布で、使い始めは硬さがありますが、
長く使っていくうちに柔らかくなり、風合いが増しなじんでいく生地です。

●BRIDGE   よこに長めが特徴です。ショルダー部分にひと工夫。
     (タテ27×ヨコ64×マチ13)
●HARVEST  たてに長めが特徴です。ショルダー部分にひと工夫。
     (タテ35×ヨコ21.5×マチ12)

*こちらは受注でつくらせていただきます。

Img_d7d10d062620d55aa7344d4a563fe550
まずはじめに、

京都モーネンスコンピス。
何かが育まれる空間。

「想いをカタチに、心に届くもの作り
人と人の関わりを大切にして
アートや工芸、デザインを生活の中に生かす工夫や
おもしろおかしく生まれるコミュニケーションデザイン
そういったことをここで出会う仲間と発信しています」
(モーネHPより)

わたしは、モーネ寺子屋 グラフィック工芸生活造形コース10期生。
チカラを注いでくださるのは、
グラフィック工芸家の井上由季子さんと
プロダクトデザイナーのseiken工作所 井上正憲さん。

去年の4月から通い始めて、もうすぐ1年。
「はじめましての日」は、好きな「モノ」を3つ持参し、みんなで自己紹介。
もってきたモノを語る表情から、個性が少しずつこぼれていく面白さ、
どこにもない、心に残る実技のはじまりでした。

モーネでの学びは、今年10月でおわります。
「おわりにの日」はどんな時間になるのでしょう。

10期生卒業展のあと、10月のおわりにはモーネは京都から香川にお引越します。

10年を区切りにモーネ寺子屋の形を変化させたいとの想いでギアチェンジ。
「ギアチェンジ」という表現に惚れますね。

「自分にできる小さなことを考え、工夫し続ける」
大切なことを学んでいます。

自分の変化を実感する今日この頃、
まだ、モーネの空間にいらしたことのない方は、ぜひ足を運んでいただきたい、
と心から思っています。

Img_557a019477ffeb3c918a127b889e27da
2017.4.25(火)-4.30(日)
12:00-18:00
毎日います。
ギャラリー モーネンスコンピス

京都市上京区堀川通丸太町下ル下堀川町154−1
(株)エーワンテック本社ビル3階
TEL/FAX 075-821-3477

●市営地下鉄東西線「二条城前」
●京都駅から市バス9系統「二条城前」

 (Click!) 
Img_5e2564799c61ea4f4ff9043440de39bc
木のカトラリーのための
小さい頃
眠るだけなのに
どうしてパジャマにポケットがあるんだろう
と不思議に思ってました。


それから
ポケットのことが気になって 気になって

「あったらいいよね」

いろいろな 色々な イロイロなポケットが登場しますよ。

お待ちしています。